リフレクソロジーの施術の仕上げ

リフレクソロジーの施術の仕上げ 足つぼ
リフレクソロジーの施術の仕上げ

(1)追加の施術

お客様の状況や施術時間などの関係で、追加の施術が必要な場合は、右足と左足とも、臨機応変に手技を追加する。

もちろん必要な場合は、ルーティーン中の施術の中に追加の施術を加えたり、繰り返しの回数の増減をしてもよい。

デポジット(deposit)クリスタル(crystal)を見つけ特定したら、その部分を注意して行ってもよい。

また必要によっては、特定の施術を抜かす場合もある。

(2)横隔膜ラインと太陽神経叢の反射点

右足のゾーン1から横隔膜ラインに沿ってサムウォークし、太陽神経叢(ソーラープレクサス Solar Plexu)の反射点(Reflex Point ポイント)に親指で1回プレッシャーを加え、その後ゾーン5までサムウォーク。次に左足に同じ手技を行う。

(3)リラクゼーションの施術とフリックオフ

右足に、リラクゼーションの施術(導入の施術と同じ)を再度行う。右足が終わったら、左足も同じくリラクゼーションの施術を行う。左足のリラクゼーションの施術の手技が終わったら、左足にフリックオフを行う。

フリックオフ(Flick Off 軽くさっと払う)

フリックオフ(Flick Off 軽くさっと払う)は、左足の甲と裏の全体を、やりやすい向きの両手で軽く包むようにはさんで持ち、足首側からつま先まで、両手をゆっくりと滑らせて、足から手が離れたら、手を軽くさっと下に振る施術。

欧米のマッサージや手技療法では、最後にフリックオフを行うことが多い。ネガティブ(negative)な気を振り払うとされる。お客様にとっても施術者にとっても、施術の終了の合図や祈りを込めて心身をポジティブ(positive)に向けるオマジナイのようなもの。

(4)リフレクソロジーのルーティーンの終了

両足の太陽神経叢の反射点を、両親指で、ゆっくりとプレス&リリースしながら、お客様に深呼吸を促す。

具体的には「○○さん(お客様の名前を呼ぶ)」などして声を掛けてから、「深呼吸を3回して終わりになります」「私が足を押しましたら ゆっくり息を吸ってください」と声を掛け、お客様が息を吸っているときにプレス(両親指で ゆっくりと押す)し、次に「ゆっくり息を吐いてください」と声を掛け、お客様が息を吐いているときにリリース(押した指を ゆっくり戻す)する。

これを、お客様の呼吸に合わせてゆっくりと3回繰り返す。以上でリフレクソロジーのルーティーン(Routine 一連の手順)(施術の最初から最後までの手順)が終了する

(5)ルーティーンの終了の直後

ルーティーンの終了の直後、お客様には、すぐに動かないように、適当な時間 休んでいてもらう。必要あれば、施術者(セラピスト Therapist)は手を洗いに行くなどする。

(6)施術後の対応と説明

適宜(てきぎ)時間 休んでいただいた後「お疲れ様でした」「ゆっくり起き上がってください」などと声を掛ける。お客様が起き上がったら「ゆっくりとベッドから降りてください」などと声をかける。必要な場合は、お客様が起き上がるときやベッドから降りるときに施術者が補助や介助をする。

「どうですか?」など、お客様(クライアント Client)から、施術前・施術中・施術後の感想などを聞いてもよい。

必要あれば「神経や各臓器などの働きが整って血行や代謝も良くなっていると思います」「いますぐ効果は分からないかもしれませんが後から効果が感じられてくると思います」「様子をみてくださいね」などと説明する。

(7)施術後の注意・水分補給など

必要あれば、施術後に水分補給をしていただくために、お水やお湯やカフェインなどの刺激物が入っていないハーブティーなど適当な お飲み物を お出しします。

または「施術後は水分をとってください」「できればカフェインなどの刺激物が含まれていない お水や お湯がいいです」などと説明する。

「施術によるリラクゼーション効果(疲れストレス過緊張などが緩和し心身や癒され老廃物の流れ血行や代謝などの体液循環が促進されている状態)を保つため、また飲みすぎてしまうことがあるため、

施術直後はカフェインやアルコールなどの刺激物が含まれている飲食物(お酒・コーヒー・緑茶・紅茶・ウーロン茶・ココア・コーラ・チョコレート・健康ドリンク類)などは控えたほうがいいと説明する。

口で言うのが大変なときは、以上のことを書いた用紙を、見せたり渡したりしてもよい。

以下の「リフレクソロジーの動画」や「反射区と押圧の詳細図」や「手技療法について」も参考にしてください

動画-リフレクソロジー足つぼ足裏マッサージ反射療法ゾーンセラピー
リフレクソロジー足つぼマッサージ動画の再生 「リフレクソロジー足つぼマッサージ」の参考動画が、続けて再生されます。 動画の下側に 横▲(三角)ボタンなどが出る場合は、それを押すと、次の動画に移ったり、前の動画に戻ったりできます。 上記の操作ができないときは、早送りしてください。 動画の内...
リフレクソロジーの反射区と押圧の詳細図
リフレクソロジーの画像や図の詳細 リフレクソロジーの各記事に添付してある画像や図の詳細です。 上の図と以下の説明は西洋や東洋の医学や各種療法での用語です 手のひら 手のひら全体を、手掌(しゅしょう)と呼びます。5本の指を、含める場合と、含めない場合があります。 指の用語 親指(お...
手技療法について
手技療法の概略 手・足・頭・顔・身体などに対する 手技療法(しゅぎりょうほう Manual Therapy 手で行う療法)の歴史は、その他の様々な療法(セラピー Therapy) と同じく、エジプト・メソポタミア・古代ギリシャ・インド・中国や、その他、世界の古代各地からあります。 その長い歴史の...